不動産を手に入れて対策しよう!相続税は減らせるもの

不動産は相続税の節税に効果的

相続税は実質的な増税が起こってしまった影響もあり、いかにして節約するかを考える人も多くなりました。ただ資産を持っているだけでは大半を税金として国に納めなければならなくなります。しかし、不動産を購入すると簡単に相続税の節税が実現できるでしょう。不動産を購入すると相続の時点での時価ではなく、その土地の立地などを考慮した評価額が適用され、時価よりも低く計算してもらえます。少しでも税金を減らそうと考えたら不動産を購入しましょう。

ローンを組んでも大丈夫

もう歳になってきてしまったから死ぬまでにローンを返せないかもしれないと不安になるかもしれません。しかし、不動産で相続税対策をするときにはローンを返せない可能性もあまり気にする必要がないでしょう。団体信用生命保険に入るため、もし高齢になって介護が必要な状況になったり、何らかの病気や事故で死亡したとしたら保険会社が代わりに返済をしてくれます。あまりに晩年になってからでは加入できない可能性もありますが、金融機関でまずは相談してみましょう。

相続税対策なら住むか賃貸経営

小規模宅地の特例を適用させるとさらに相続税対策ができるのが不動産の特徴です。居住用、賃貸用あるいは個人の商用の宅地については一定の面積以下であれば特例が適用できて課税対象額が大幅に減ります。大きな建物を購入するよりも、適度な大きさのものを手に入れて自分や家族が住んだり、賃貸経営をしたりしておくと効果的に節税ができるでしょう。特例をうまく活用すると不動産による相続税対策の意義が深まるのでよく調べてから実施するのが大切です。

相続税対策を進めるにあたり、信頼のおける法律事務所のサポートを受けることがポイントとして挙げられます。