注文住宅には土地が大切!費用と選び方のポイントとは

土地の費用は大きいことに注意

注文住宅で理想的な住まいを手に入れようと考えたときに建設費用ばかりを考えてしまう人もいるでしょう。しかし、実際に建てるということになったら重要になるのが土地の購入です。土地の費用は住宅の建設費用と並ぶほどに高くなりがちであり、場合によっては土地の方が高くなることすらあります。費用を考える上では建設費用の二倍程度はかかるという想定をしておく必要があるのです。もともと土地を持っているというのでなければ、忘れてはならない点でしょう。

住みやすい場所を選ぶのが最も重要

土地選びから注文住宅を手に入れようと考えたら、土地選びは住宅設計と同等に重要なものであると心しておく必要があります。住みやすい場所を選ぶのが基本ですが、賃貸住宅と違って将来にまで目を向けることも忘れてはなりません。通勤のしやすさだけでなく、子供が学校に通いやすいかや、市町村によるサービスがどのように行われているかといった視点も持ちましょう。これらを総合的に判断して住みやすいと判断できる地域で土地を選ぶことが大切です。

災害による影響も調べておくことが大切

候補となる土地が見つかったときにはその土地がどのように利用されていたかを確認することも大切です。もともと田んぼであった土地の場合には地盤が緩くて災害による被害が大きくなるリスクがあります。地震や大雨によって地盤沈下が起こってしまってはせっかくの注文住宅が台無しになってしまうでしょう。周囲の状況も合わせて確認して、災害時に被害が生じない場所かを確認してから土地を選ぶことは安心して生活をしていく上で欠かせないことです。

間取りや外観を自分の好みの家にしたい、細部までこだわりたいという人には、注文住宅という方法がおすすめです。