禁煙賃貸物件ができたら、大人気になりそうな予感

成人の2割しか喫煙していない

喫煙者に甘いわが国でも、成人の喫煙率は2割です。未成年を含めたら、吸うのは全人口の1割くらいになるんでしょう。9割の人の利益がなおざりにされるというのはどうなんでしょう。住宅地での喫煙はし放題です。一戸建て住宅であっても、隣家でベランダ喫煙されたら被害を受けます。賃貸物件は集合住宅が多いので、被害に遭いやすいですね。居住者は比較的自由に引っ越しできますが、引越ししようにも、喫煙者がいつどこに現れるかわかりませんから。禁煙物件の出現が待たれます。

大人気間違いなしと予想

新幹線だって、禁煙車両が人気ですぐ座席が埋まり、今や禁煙車のほうがずっと多くなっています。それだけ嫌煙家が増えてるんですよ。公共スペースでは禁煙が進んできました。公共スペースでそうなったのは、禁煙を求める人々の多さゆえでしょう。住宅地だってそうですよ。特に集合住宅では、上下左右、斜めの部屋からだって、煙は入ってくるんです。禁煙物件ができたら、きっと人々が殺到しそうな気がします。新幹線みたいに、禁煙物件のほうが増えていきそうです。

どうして実現しないのか

新幹線の禁煙車両も、初めはひとつだけでした。今や全車両禁煙の路線のほうが多くなっています。東海道、山陽新幹線にだけ、喫煙車両が残っていますが、ごくわずかです。住宅は数時間どころか24時間の空間なんですから、より分煙が望まれる場所でしょう。でも、個人の家主が喫煙者お断りにする程度でしか、禁煙物件ってないんですよね。大規模賃貸物件で分煙してほしいんですが。きっと禁煙棟から埋まっていきますよ。空き室を埋める工夫として、最高の方策だと確信してるんですけどね。

江別市の賃貸のおすすめの物件を見極めるために、各地の信頼のおける業者の物件情報の特徴を確認することが重要です。