マンション経営を始める時に考えておくべき事

ローンでマンションを購入する時の税金負担

専業でマンション契約をする人もいますが、兼業でサラリーマンをしながらまんしょん経営をする人もいます。その時マンションの購入の際に組んだローンの支払いだけを考えてしまいがちですが、それと同時に家賃収入が増える事による税金の支払いも発生します。家賃収入による税金の支払いとローンの支払いを同時に行っていく事も想定していないと後で税金の支払いが大きな負担になって資金が足りなくなる場合があるので事前に把握しておく必要があります。

楽観的なシュミレーションは辞めよう

マンション経営を始める前に投資する物件を購入して入居率からだいたいの収支をシュミレーションする人がほとんどですが、そのシュミレーションをする時に常に保有する物件が満室になると仮定して物件を選んだり、ローンを組んでしまうのは危険です。空室がある程度あってもローンの支払いができるように余裕を持っておく為にも楽観的なシュミレーションをもとに物件を購入したりローンを組むのはやめた方が健全なマンション経営ができる可能性が高まります。

新築にこだわるより中古も含めて物件を選ぼう

マンション経営をする上で大切な事はいくつかありますが、その中の一つに投資する物件を選ぶ事が挙げられます。特に理由もなく新築物件にこだわって購入しようとする人もいますが、中古でも投資する上で魅力のある物件は少なくありません。当然新築の物件がいけない訳ではありませんし新築にこだわる理由がある場合は構いませんが、新築である必要がない場合は中古の物件も選択肢に含めた方がより魅力的な物件に出会える可能性が高くなります。

マンション経営を行う上で一番注意をしなければいけないのは、ローン返済を行った上で黒字になるようにしなければいけない事です。空室が続いた場合や設備故障も視野に入れることが必要です。