賃貸物件の探し方を変えてみよう!?不動産屋に騙されないための工夫

インターネット検索は物件詳細を確認するために使う

インターネットを利用して賃貸物件探しをしている人が増えていますが、情報サイトごとに写真の量が異なることに気がついているでしょうか。不動産業界では大家から媒介依頼を受けた元請け不動産屋だけでなく仲介を行う別の不動産屋でも同じ物件を案内出来る仕組みが出来上がっています。元請け不動産屋の情報が最も写真が多いので、比較することで元請け不動産屋を探しやすくなります。更にGoogle Mapを利用することでストリートビューを併用すれば取り扱い不動産会社名の看板まで確認することが出来るでしょう。

非公開物件を不動産屋に確認して送ってもらう

住みたいエリアと相場感をインターネット検索で掴んで気になった物件の詳細を聞く際には、合わせて他にも良い物件があれば送ってもらうよう連絡しておくと良いでしょう。その際に、良い物件があれば転居するが無ければ今住んでいる所を更新することをハッキリ伝えておくと、隠し玉の賃貸物件を出してもらいやすくなります。案内できるチャンスが1回と思わせることが大切だからです。不動産屋にとって都合が良い物件を出してもスルーされてしまうくらいなら、確実に成約に結びつきそうな物件を案内してくるわけです。

不動産屋との距離は一定に保つ

不動産屋の車に乗って現地を見て回ることは、担当者との距離を縮めるために必要な手段として不動産屋は使ってきます。距離感が縮まれば断りにくくなる心理的な効果を狙っています。だからこそ現地待ち合わせで現地解散を行うことが理想となるわけです。不動産屋の担当者とは一定の距離感を保ちつつ焦って探している感を出さないことが優良物件を出してもらえる近道となります。お得な物件以外では興味を示してもらえない、他社に客を取られると思わせるだけの雰囲気作りをするだけで不動産屋の対応は変わってくるものです。

札幌市中央区の賃貸物件のデメリットは、北海道なので冬は寒いという点が挙げられます。しかし、季節的なものはどの地域にもあり、中央区に関しては交通の利便性が良いなどのメリットが多くあります。