こんな費用もかかる!賃貸で忘れてはならない費用

賃貸でかかる初期費用とは

賃貸物件を借りるときには初期費用がかかります。物件探しをしていると敷金や礼金が家賃の数ヶ月分という記載がありますが、それは入居を決めたときに支払わなければならない代表的な初期費用です。それに加えて家賃を二ヶ月分程度支払うのが通常となっています。これに加えて物件の仲介を行ってくれた不動産会社に仲介手数料を渡さなければならないでしょう。これが初期費用と考えてしまいがちですが、賃貸ではまだ費用がかかります。

意外に高くなる支払額

不動産会社への支払額は意外に高くなりがちです。これは敷金や礼金、仲介手数料などで家賃で数ヶ月分という大きな費用がかかるからだけではありません。それに加えて火災保険に加入する必要があったり、鍵交換代や部屋のクリーニング代なども請求されることがよくあるのです。それぞれが1万円以上になることが多く、総じてみると想定していたよりも大きな金額になってしまったと感じる人も少なくありません。どのような費用がかかるかは予め不動産会社に聞いておきましょう。

不動産会社に支払う以外の費用も重要

賃貸生活を始めるときには不動産会社に支払う以外にも費用がかかります。引越し費用や新しい家具や家電、消耗品などの購入費用は何十万円にもなってしまうでしょう。節約をするために引越しは自分でトラックを借りて行ったり、リサイクルショップで家具や家電を手配したりする工夫も必要になるかもしれません。また、賃貸では駐車場が家賃に含まれていないことが多く、車を利用する場合には駐車場代も必要になることを念頭に置いておく必要があります。

家を買いたいけどお金がない、長く住み続けるかはわからない、といった人にとっては、賃貸は最高の居住手段です。